ウラネタ! - 2ちゃんねるで見つけた裏ネタ、裏情報


ウラネタ!トップページへ 
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

アメリカ大統領選挙、トランプ氏の支持率がクリントン氏抜く

【フィラデルフィア時事】米CNNテレビが25日に公表した大統領選の世論調査結果によると、先週の共和党大会で候補指名された実業家ドナルド・トランプ氏(70)が、今週の民主党大会で指名されるヒラリー・クリントン前国務長官(68)を支持率で3ポイント上回った。

 トランプ氏が優位に立ったのは昨年10月以降で初めて。

 共和党大会前の調査でクリントン氏49%、トランプ氏42%だったのが、今回の調査では45%対48%と逆転した。無党派層の支持が大会後に伸びたのが要因という。CBSテレビが公表した共和党大会後の調査では、両氏とも42%だった。

 CNNの世論調査では、2000年の大統領選後、党大会による大幅な支持率の伸びはこれまで見られなかった。米大統領選は州ごとの勝敗が結果を大きく左右するが、CNNは「トランプ氏の党大会でのパフォーマンスが州ごとの競争にどう影響したかについては、情報が乏しい」と指摘している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160726-00000024-jij-n_ame

[タグ] アメリカ
[ 2016/07/26 11:37 ] 政治・経済 | コメント(0)

小池・増田氏競り合い、鳥越氏が追う…都知事選、読売新聞世論調査

31日投開票の東京都知事選について、読売新聞社は世論調査と取材を基に情勢を分析した。

 過去最多の21人が立候補する中、主要候補では、元防衛相の小池百合子氏(64)と元総務相の増田寛也氏(64)が競り合い、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が追う展開となっている。ただ、4割の人は態度を明らかにしておらず、情勢は流動的だ。

 支持政党別でみると、自民支持層の4割弱が自民党推薦の増田氏を支持しているが、小池氏も3割強の支持を受けており、分裂選挙の影響が出ている。増田氏は公明支持層の6割を固めたが、小池氏も2割弱から支持されている。

 一方、民進、共産両党の支持層は、いずれも5割が鳥越氏を支持しているが、小池氏にも1割以上の支持が集まっている。

 都知事選の行方を左右することが多い無党派層は、2割が小池氏を支持し、増田氏と鳥越氏への支持はそれぞれ1割程度だった。

 候補者を選ぶ際に最も重視した項目を見ると、小池氏の支持層は「政策や公約」とした人の割合が高く、4割だった。これに対し、岩手県知事を務めた増田氏の支持層は、6割弱が「行政経験」を最重視していた。鳥越氏の支持層は4割弱が「支援する政党や団体」を判断基準としていた。

 都知事選の争点で重視する課題を複数回答で聞いたところ、「医療や福祉政策」を選んだ人が56%で最多だった。都知事が2代続けてお金に絡む問題で任期4年を全うできず、辞職したことから、「政治とカネの問題」が51%で続いた。

 このほか、「少子化対策や子育て支援」(48%)、「地震などの防災対策」(44%)、「景気や雇用対策」(43%)と、暮らしに関係した課題が上位に並んだ。「五輪・パラリンピックへの取り組み」や「原発などエネルギー問題」は3割程度にとどまった。

 調査は21~23日の3日間、東京都を対象に、無作為に作成した番号に電話をかける方法で実施。有権者が在住していた1885世帯で、1061人から回答を得た。回答率は56%。

2016年07月24日 06時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20160723-OYT1T50117.html?from=ytop_top

[タグ未指定]
[ 2016/07/24 09:48 ] 政治・経済 | コメント(0)

なぜ日本のリベラル左派はダメなのか

 文芸評論家の斎藤美奈子氏による日本のリベラルや左派に向けての痛烈な批判が一部の識者の間で話題になっている。最近の参議院選や、東京都知事選の候補者選びなどの出来事を見たうえで、斎藤氏は「というわけで、私はもう日本の左派リベラルには何の期待もしないし、野党連合も応援しない。日本の民主主義は今日、死んだ、と思った。たいへん残念です」と書いた(「web掲示板談話 斎藤美奈子・森達也 第五十二回」)。

 リベラルや左派だけが日本の民主主義を支えているわけではない。しかし斎藤氏のこの主張には深く同意する部分がある。

 欧米の保守は財政再建を目的とする緊縮政策や規制緩和・民営化が中心であるのに対して、リベラル・左派は積極的な財政政策や金融緩和政策で経済全体を成長させて、その上で再分配を強力にすすめるものである。

 それに対して、日本のリベラルと左派は、そもそも経済政策を重視するにしても、優先順位は憲法問題に比べて極めて低いか事実上無視している。アベノミクスは批判するけれども、対抗して提起されている政策は「自分たちの認める形で再分配するならば消費増税も認める」という、財務省の思惑(消費増税主義)におんぶにだっこした代物である。このような消費増税主義は、財政再建という美名がついているが、経済理論的にもまた実証的にも支持できないトンデモ理論である。

http://ironna.jp/article/3682


[タグ未指定]
[ 2016/07/22 12:57 ] 政治・経済 | コメント(0)

橋下徹「鳥越さん、訴える前に、いつも政治家に言っていた説明責任を果たしなさい」








[タグ未指定]
[ 2016/07/21 12:42 ] 政治・経済 | コメント(0)

鳥越「中国が攻めてくるのは妄想」 識者「じゃあ自衛隊いらない?」 鳥越「いや、攻めてくるかも…」

他者の議論を「妄想」呼ばわり、矛盾したことをいう鳥越俊太郎氏

鳥越俊太郎氏の言うことは絶対に矛盾している。私がそう確信せざるを得ない、私にとっては忘れがたい
「事件」があった。

二〇一四年の八月一五日のことだ。NHKの終戦特番で「集団的自衛権」について議論となった。

(略)

岡本氏は、海上自衛隊が守るし、米軍も航空管制機を飛ばすなど支援するだろうと述べ、そして、万が一、中国軍が沖縄本島に近づくことがあったら、日米安保条約に従って、直接行動すると公言するだろうと答えた。

これに対して、鳥越氏は「それは妄想だよ」と非難し、「そんなことあり得ない」と断言した。
これに対して岡本氏が、では、岩田氏が言ったように、日本には自衛隊も防衛予算もいらないということかと聞いた。

すると、鳥越氏は、「自衛隊は必要だ」と答える。岡本氏が「どこが攻めてくるんですか?」と問うと、「災害時に必要…」と答え、「災害のためだけか?」と更に聞かれると次のように答えた。
「もし、万一、ないと思うけど、万一、中国なり、北朝鮮は来ないと思いますよ。北朝鮮は日本を攻める意味がまったくないので、中国はあるかもしれない…」

番組の冒頭から、「どこの国が攻めてくるんだ」と大声をあげ、日本を攻めてくる国があるという想定そのものが「虚構だ」「妄想だ」と繰り返していた当人が、中国が攻めてくる可能性を否定できないから、自衛隊は必要だというのだ。

舌の根も乾かぬうちに、ここまで態度を急変させる人物を初めて目撃した。国民を騙してやろうという悪意は感じなかったが、ここまで論理的に破綻した議論を堂々と展開する神経には正直、恐れ入った。

要するに、鳥越氏は論理的な整合性を考えずに楽観論に立ち、リアリズムの立場から発言する人に対して「妄想だ」「虚構だ」と根拠のない罵声を浴びせ、相手の議論を封じようとするのだ。残念ながら、彼の脳内の世界観の方が「妄想」や「虚構」であることを自ら曝露したのである。

これだけ出鱈目で矛盾したことを言ってのける人物に都知事を務めることは絶対に不可能だと断言しておく。

http://agora-web.jp/archives/2020374.html

[タグ未指定]
[ 2016/07/19 11:54 ] 政治・経済 | コメント(0)
カテゴリ


おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。