村上春樹の本を読んでる奴のドヤ顏率は異常 - ウラネタ!


ウラネタ!トップページへ 
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

村上春樹の本を読んでる奴のドヤ顏率は異常

引用元:村上春樹の本を読んでる奴のドヤ顏率は異常
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1368229866/


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 08:51:06.91 ID:Px8Kj/bc0


内容がつまらないので私は射精した


2 :シュリー博士 ◆kCT0TVZvVA 2013/05/11(土) 08:51:32.93 ID:bxr3lop4P


納屋を焼くは傑作


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 08:51:58.12 ID:RxR4jeHCP


いちいちセクロスしてんじゃねぇーよ




tweet Like hatena google+



おすすめの記事

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 08:52:46.04 ID:CpfYuKLx0


村上春樹だけはカバーつけてもらうようにしてる
ドヤってる大学生のせいで恥かしいったらありゃしない


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 08:54:43.47 ID:RxR4jeHCP


>>6
外であんなの読んでる時点で恥じた方がいい


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 08:56:06.64 ID:CpfYuKLx0


>>10
家でゆったり読む時間なんてネーヨ


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 08:52:50.79 ID:MP1G7JrjO


ねじまき島をAmazonでポチったあと私は最後に女と寝たのはいつだったか
そんなことを考えていた


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 08:53:20.47 ID:Vi151Khh0


風の強い日にスタバの外で村上春樹読んでたリーマンに吹いた


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 08:53:21.73 ID:XkK8aEyY0


ねじまき島はすきだけどなー


11 :シュリー博士 ◆kCT0TVZvVA 2013/05/11(土) 08:55:18.72 ID:bxr3lop4P


沈黙は傑作


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 08:56:24.07 ID:3acm6JQZ0


村上春樹ってなんかもうスタバのMacBookなみに馬鹿向けのオサレアイテムと化したよね

にわかApple信者と村上春樹信者って同じ悪臭がするわ


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 08:56:26.10 ID:HXC5UPBB0


究極の雰囲気小説
よくわからんがとても文学的でオシャンティーな気分になるための物よ


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 08:57:38.23 ID:9INLLjIs0


村上龍の方が数倍面白い


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 08:58:15.29 ID:ujuk9YM50


文学部の知人が「好きな作家に村上春樹を挙げると叩かれるか笑われて辛い」と言っていた


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 08:59:03.63 ID:tuHAN3CFP


まさかお前らラノベ読んでないよな


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 08:59:29.61 ID:Px8Kj/bc0


こいつがノーベル文学賞取れるとか言い続けるメディアはどうかしてるとおもう


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 08:59:33.64 ID:G4fIgd/J0


おれは東野圭吾


20 :シュリー博士 ◆kCT0TVZvVA 2013/05/11(土) 09:00:04.63 ID:bxr3lop4P


読みやすくて軽い文体のわりになんかしっかりとした物が残るような気がする雰囲気小説


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 09:01:26.27 ID:Px8Kj/bc0


>>20
意味ありげに文字をこねくり回して、結局何も残らない雰囲気小説の間違いだろ


24 :シュリー博士 ◆kCT0TVZvVA 2013/05/11(土) 09:02:13.79 ID:bxr3lop4P


>>23
そりゃもまえがネットの意見に流されやすいからだと思ふ


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 09:03:24.01 ID:Px8Kj/bc0


>>24
読んでて思うんだよ。
アニメの攻殻機動隊と同じようなもの。監督が自覚してる分攻殻機動隊のほうがマシ


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 09:00:23.18 ID:/i7XEOZFO


この人の本で唯一面白かったのはサリンの被害者のインタビューの本


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 09:01:19.80 ID:4rMSxBGH0


いい加減誰か消えないとダメな作風変わったの?


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 09:04:16.01 ID:CpfYuKLx0


森見登美彦がこのポジションに来たら俺は終わる


28 :シュリー博士 ◆kCT0TVZvVA 2013/05/11(土) 09:06:23.99 ID:bxr3lop4P


ファミリーアフェアは傑作


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 09:06:33.71 ID:/JSPH+8nO


村上春樹を叩いてる奴のドヤ顔率も結構なもんだけどな


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 09:07:47.35 ID:HXC5UPBB0


短編集のメリーゴーランドは面白かったがな
長編になるとあのヌルヌルユルユルした空気が長いこと続くのがキツい


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 09:08:54.43 ID:/unq+/L7O


叩くようなもんでもない


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 09:12:07.18 ID:IVWOy73WO


売れてるから買うっていう一般大衆の小汚い習性の対象になってしまったことは素直に同情する


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 09:12:16.17 ID:od/6XdpTP


ラノベや村山・宮部なんてのを好んでる層はハルキを馬鹿にできないけどな


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 09:25:15.07 ID:mqJx5qVx0


調理方法はいつもこうさ。エッチで不思議な独白を、ドイツの一流企業マホガニー社製の電子レンジに入れるのさ、皿に乗せてね。
そのまま12時間位置いておいて、普段食べてる新鮮なサーモンの刺身をパスタに和える時に、たまには加熱して食べてみようと思い立った時、皿の上に置きっぱなしの「それ」の存在を思い出すんだ。
それでやっとレンジを動かす、そうだね、30分くらい。前のサーモンは片づけて、今では仕切り戸の奥で回転するソレを固唾を飲んで見守るんだ、緊張と共にね。
それで出来上がったのが、村上春樹の本なんだよ。


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 09:48:38.28 ID:lMh5DHbe0


あれは雰囲気を楽しむ本
高価な紅茶とか匂いは良くても味は薄くてよく分からんだろ、そんなもんじゃね


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:35:21.24 ID:IVWOy73WO


>>40
缶のハーブティーを「水!これ水だって!」っていいながら飲んでバカにされたトラウマがよみがえった


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 09:52:53.77 ID:dZNVdfjd0


正直ラノベのほうが面白い


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 09:55:19.13 ID:tuHAN3CFP


途中で読むのやめた経験で叩くよね
続きを読みたくないから


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 09:56:01.55 ID:ZuA2S2yv0


村上春樹でつまらない、ラノベとか言ってるやつは
伊坂幸太郎、重松、宮部
そこらへんにも同じこと言うだろ

小説をジャンル広く量読んでない


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:02:27.78 ID:VtKW0pmf0


>>44
春樹がラノベと言われるのは出てくる女性が人形になってるからだろ
空虚だから投影しやすいからリアルに感じる人もいるかもしれんが
基本的には物語の記号としてしか描けていない


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:35:37.02 ID:VtKW0pmf0


めんど臭いけどちゃんと説明するわ
>>49では、春樹の小説では出てくる女性が人形になってるから
春樹をラノベという人がいるというのは理解できると言っていて
俺自身は別にラノベどうこうとは思っていない
春樹をラノベという人にとって
記号的な女性というのがラノベの十分条件だと認識していると、俺が思っているが
俺は鏡花を読めないので、彼らが鏡花をラノベと見なすかどうかを判断できない


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 09:56:12.09 ID:FZDSz8tL0


あんま好きじゃないけど流石にラノベと比べるのはどうかと思う


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 09:56:51.27 ID:hojGuzdQO


俺は好きだけどな
村上春樹の本読むと無性に小説書きたくなる
逆に龍は合わなかった
コインロッカーしか読んでないけど


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 09:59:27.64 ID:jVDVopV20


読者の半数以上がファッションだろ
その位置にもっていった事は凄い



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:05:45.61 ID:VtKW0pmf0


重松も男性主義的だがまだちゃんと女性を描けてるほうだわ


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:07:28.39 ID:od/6XdpTP


キャラクターを記号として用いるのは別に悪いことじゃないし、
別にラノベ特有の手法でもない

結局今の時代みんな本読んでないんだよ
だからファッションと化したハルキが売れる
ラノベ豚はラノベを通してハルキを見てしまう


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:07:43.50 ID:Qw9ftJJA0


村上春樹は何が言いたいのか本当に分からないよね
言いたいことなんかないのかもしれないけど


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:10:40.65 ID:ZuA2S2yv0


今は登場人物が人形だと
小説じゃなくラノベになる世の中なのか
怖いな


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:12:28.06 ID:od/6XdpTP


>>53
鏡花を読ませてやりたいよな


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:44:36.90 ID:VtKW0pmf0


だから>>56が、出てくる人物が人形になってるがラノベじゃないという皮肉だと理解した上で
春樹をラノベと思ってる人が、鏡花をラノベと判断するのかどうか
それを俺の視点において判断することはできないからごめんと誤ったの

実際に春樹をラノベと言ってる人がどういう理屈の上で言ってるかは分からんが
彼らが、記号的な女性だからそうだと仮定したら理解はできるけど
その仮定の上で、鏡花を図ろうにも、俺は鏡花を読めないから
その仮定の彼らにとって鏡花がラノベか俺に判断しようもない


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:12:17.68 ID:bNdcKyFn0


ノルウェーの森読んだけどはまんなかった
あんなに流行るのが驚き


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:14:37.11 ID:CLiJyZpv0


嫌いな本じゃなくて好きな本を読めよ。な?


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:27:36.57 ID:ZuA2S2yv0


大体小説にいかに新しい手法を使い
読者をひきつけるかなんてラノベよりずっと前から
ほとんどの作者がやってきてる

小説はキャラ>物語、キャラ<物語、キャラ=物語
全部小説ですよ遥か昔から

あとラノベを比較に出すような奴は
海外の物を知らないのでござんす


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:31:00.25 ID:jMxBtcvE0


でも日本で1番ノーベル文学賞に近いんでしょ?世界中で評価される読みやすくも深い作品なんでしょ?


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:32:52.12 ID:ZVU+Fep60


実際に、多くの人がおもしろくない思っているのは事実だけど、
何故か海外で人気なんだよな。


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:34:30.36 ID:ZuA2S2yv0


>>65
専業は翻訳だからな
日本の小説が好きで勉強して小説家になりました
って親日小説家がいたら読むじゃん?


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:39:17.10 ID:0Ae4X12E0


ラノベレーベルから春樹が偽名で作品出したら2巻くらいで打ち切られるな


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:40:58.06 ID:N+kV0g0G0


「ぼくがかんがえたかっこいいうらしゃかい」で活躍する妄想の話
ラノベのほうがマシ



72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:41:27.41 ID:175KWpsQ0


村上ていうか純文学読んでる奴は大体ドヤ顔


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:42:23.38 ID:ajDcH5Mh0


登場人物がいちいちお洒落ぶったこと言ったり気色悪い比喩表現で勘違いした中学生が書いた見たいで嫌

20そこそこの主人公がちょっとナッツかチーズつまみたいってだけで恵比寿のバーいったりするし


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:46:20.07 ID:ZuA2S2yv0


>>73
英語を訳すと硬くなったり変な言い回しになるだろう
村上は海外のものが自分の小説のお手本だと思ってるから
それに近くなる

そして海外の世界が自分の世界だから
日本人の常識より年上な言動行動を起こす

そして村上自身の言動はちょっと中二的
友達いないとか言い出すしお前らに近い

なぜちょっと背伸びした内容になるかはこれでわかるだろう


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:48:50.97 ID:8FOAoPOq0


>>83
要は日本語が下手くそなの?


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:53:45.99 ID:ZuA2S2yv0


>>86
ちゃうねん

翻訳時の日本語は
崇高な海外小説の日本語版
つまりその日本語が小説として最も素晴らしい
よし!この書き方でいこう!!
ってこと

お前らは日本人が日本語で書いた小説のほうが好きだろ
そりゃ海外と国内で評価に差がついたりしますわ
どっちの評価が正しいかは別として


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:57:33.52 ID:8FOAoPOq0


>>91
なるほど、僕は射精した。


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:42:49.59 ID:ZVU+Fep60


村上春樹の文章ほど、読む進めにくい文章ってないよなぁ。
プールの中で、走るぐらい無理


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:42:54.74 ID:aFwfFTCD0


アマゾンの批評は爆笑した


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:42:54.74 ID:I1BQJYbJO


よく知らないけどノーベル賞ってやれやれ系主人公を堂々と射精させたら貰えるの?


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:44:18.98 ID:xpzzMZiP0


>>76
そもそもノーベル賞ってノーベル平和賞の箔付けのためのもんだし 特に文学なんてそんなもんだろ 


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:43:31.28 ID:N+kV0g0G0


>>76
なんでノーベル賞に医学賞がないか知ってるかい?


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:45:58.11 ID:I1BQJYbJO


>>77
え?知らんなんでなんだ?


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:46:27.85 ID:N+kV0g0G0


>>81
晩年のノーベルが医者とカネのことで揉めてたから。


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:48:05.88 ID:I1BQJYbJO


>>84
へぇー

けど文字書きなんかにやるくらいなら医学にあげた方がよっぽど有益な気がするがなぁ・・・

やれやれ俺は射精した


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:51:11.32 ID:N+kV0g0G0


>>85
何が言いたいかというと、
日本人がただの食品工場の安全基準審査であるモンドセレクションをやたらとありがたがってるのと同様
ノーベル賞だってそんな無闇矢鱈に持ち上げるようなもんじゃねーってこと
実際あとで間違ってると証明された研究にノーベル賞が出たことが過去に2回あったし

くだらない小説(笑)に文学賞が出たって別に驚くようなことじゃない


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:55:18.94 ID:I1BQJYbJO


>>88
いや無闇にありがたがるありがたがらないって話じゃなくて
あげるならもっと他にいなくね?って話したんだけど・・・


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:56:39.47 ID:N+kV0g0G0


>>92
大したことない賞が適当に乱発してるだけだから気にすんなってことだ


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:59:20.21 ID:I1BQJYbJO


>>94
なるほど、嫁は受精した。


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:44:37.69 ID:hD2bJXqW0


読んでると食欲と性欲がわくという点で良い作品が多いと思う

噂の新作はとりあえず文庫化待ち


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:49:26.57 ID:VtKW0pmf0


>>80
あと掃除w
内田樹がその辺とポピュラリティーについて書いてたな
http://blog.tatsuru.com/2009/06/24_0907.php


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:46:08.52 ID:ZVU+Fep60


なんか中国のよくわからんやつもノーベル賞とってたしなぁ。
そもそも、騒いでるのは日本人だけなのかもしれん。


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:51:56.58 ID:sa4tDTe00


小説ってさ、書き手の思惑はともかく、小難しい価値観や概念を押しつけるためのものじゃなくて
つまるところ娯楽だろ
時代小説やSF、推理小説、サスペンスあたりの佳作だったら読む気も沸くけど
ただ長いだけのオ●ニー小説なんて読むだけ時間の無駄


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:53:27.10 ID:N+kV0g0G0


>>89
同意する。
純文学には読む価値がない。


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:58:58.30 ID:ZuA2S2yv0


>>89
お前はどこに差を感じるんだ?


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:02:55.04 ID:sa4tDTe00


>>97
主観にもとづく個人的な嗜好についていちいち食い下がる意味あんの?
むしろ積極的に村上作品の面白さを宣伝した方が生産的だと思うが


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:56:42.38 ID:sa4tDTe00


海外の読み手のニーズを見越して
自分の文章が反訳された場合にどうなるかを考えて書いてんだろw
そりゃ鬱陶しい諄い表現の羅列になる罠
畢竟、海外主導で国内の評価が上がればいいやって目論見なんでしょ


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 10:59:11.35 ID:N+kV0g0G0


俺はSFに関しては翻訳されて微妙な感じになってる日本語のほうがよりSFを楽しめると思うな。


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:02:24.98 ID:0Sm/vu2hP


お前ら下品なモノ好きだもんな
ちょっと気障だったりするとすぐスイーツ(笑)呼ばわりしてレッテル貼ってわかった気になってる


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:03:26.52 ID:N+kV0g0G0


>>100
スイーツ(笑)が気障だという認識ははじめて耳にしたわ


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:03:37.17 ID:vaJPM/fMO


学生時代に海辺のカフカ?だか読んだ記憶があるな
結構面白いと思ったけどな。別人のだったらすまん


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:12:23.96 ID:0Sm/vu2hP


世俗を離れた所で一人コツコツ書いてる感じなのが良かったのだが
カフカあたりから払拭されてしまった気がする
1Q84では以前の文体に近くなったがなんかセルフカバーみたいな感じになっててそれはそれでなんか嫌だった


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:16:29.12 ID:iVDeeIPE0


ダンスダンスダンスはユキちゃんが全て
春樹の作品で一番好き


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:20:46.50 ID:C3uYj8Er0


>>112
笠原メイも捨てがたいけど、ユキとのハワイでの時間とかは幸せそうで俺も好きだな


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:17:54.48 ID:tmoph2P20


ラノベばっかり読んでる奴には文学作品の良さはわからんか


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:22:29.02 ID:ZuA2S2yv0


>>114の発言を聞いて
馬鹿にされたとか感じるやつは
ラノベ読むのやめたほうがいいよ


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:24:01.97 ID:PUvMkszC0


カフカしか読んだことないけど、読破するのが苦痛でしかたがなかったわ。どこが面白いのかわからん。


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:26:39.61 ID:iVDeeIPE0


というか、春樹の作品より彼の翻訳したライブラリの方が好みのが多い
カーヴァーとかグレートギャツビーとか
春樹訳のティファニーはフランクええぞ


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:27:32.70 ID:sa4tDTe00


ファンならファンらしく良さを主張すりゃいいのに
信者になると途端に俯瞰できなくなって
ネガティブな意見は無条件に排除するから嫌だわ
ムカついているのでもなんでもないのにそういうことになってるしw
文学だったいうならなおさら、技法や文章構築やら土台となる取材内容の濃さあたり
いろんな観点から良さを宣伝できるだろうに
嚥下するのにいちいち引っかかりを感じるような
読み進めるのに抵抗覚えるのがストレス


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:29:25.64 ID:8qZJAohQ0!


村上春樹はエッセイが至高ってとっくに結論出ただろうが


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:31:16.03 ID:C3uYj8Er0


>>124
エッセイは確かに面白くて読みやすくて評価されるべき、遠い太鼓とかめちゃくちゃ面白かった
けどなんだかんだで長編が一番好きだな


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:30:19.00 ID:9FR7PLDA0


村上龍のが好き
ただどっちもセクロスばっかの下世話な小説家のくせに村上春樹だと知識人扱いされる


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:32:07.94 ID:iVDeeIPE0


>>126
あの人カンブリアとかで文化人もどきになっちゃったからなあ
半島を出よは久々に面白く読めた


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:34:59.72 ID:9FR7PLDA0


>>128
あいつSM好きのバカなくせに昔から文化人気取りだよ


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:37:33.90 ID:ZuA2S2yv0


>>128
毎週TV出るようなのじゃ
裏付けとか推敲といったもんができないもんな
本を出して自分を表現しようと思うやつの考え方じゃないよな


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:34:51.59 ID:/unq+/L7O


まあ芸術?を作るなら作者主観の色付けは避けられんよね
だから合う人は次々読むだろうし合わない人は「なんでこんなのが!」という感想になる


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:44:57.47 ID:OO90ui0sO


お兄ちゃんたち休日の昼間からギスギスするのは良くないで
小説ってのはもっと鷹揚な態度でもって読むものやで


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:56:08.87 ID:ZuA2S2yv0


大体の作家さんは
分かる人だけにわかる作品を作りたい
ベストセラー作家になんかなりたくないと思ってる
(大衆受け=読者と作者の意図がぴったり=ルールがある)

しかしそう考え始めるのは大体売れてから
大衆受けするものを書いてからそう思う
大衆受けするものを書いてきた人間だからそういうのが書けない

こんなもん


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 12:01:48.27 ID:OO90ui0sO


>>145
そうじゃない作家もたくさんいるけど
春樹は典型的ななりたくない人なのにベストセラー作家になっちゃったある意味かわいそうな人だな


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 11:57:15.05 ID:iVDeeIPE0


>>145
近年のパヤオににてるな


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 12:01:49.41 ID:ZuA2S2yv0


>>146
村上は
売れるも売れないもどうでもいい
どうにかして海外の古典に近づきたい超えたいの
超執着思考な気がするけどな


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 12:01:26.24 ID:z6UcAa9KO


リアル鬼ごっこがバカ売れしちゃうような御時世なんだから
何レスも消費しておいて、いまだ村上作品の良さを概説すらできない単細胞を
そんなムキになって相手するんじゃありませんよ。


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 12:02:09.88 ID:od/6XdpTP


>>147
何年前に生きてんだよ
タイムトラベラーかお前は


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 12:12:05.64 ID:u3RWG3NP0


うちの大学は三島由紀夫の方が受けがいいな。


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 12:20:13.59 ID:VtKW0pmf0


個人的な事をいうなら純文にもルールというか文脈はちゃんとあると思う
で、風の歌を聞けが日本の文壇でスルーされたのは当時の文脈からずれていたから


163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 12:23:29.32 ID:ZuA2S2yv0


>>160
言葉なんだからルールあるよ
なきゃ読めねえ


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 12:22:13.51 ID:od/6XdpTP


風の歌を聞けってスルーされたか?
評論界隈で賑わいまくりだった気がするんだけど


164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 12:24:06.07 ID:VtKW0pmf0


スルーという言い方はおかしい気もしてきたが
まぁ反小説と言われたくらいだし言い過ぎでもないよね


167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 12:29:00.53 ID:fni4KStB0


村上春樹好きなやつって村上春樹しか読んでなさそう


168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 12:29:58.49 ID:ZuA2S2yv0


>>167
そんな疲れることしねーだろ


174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 12:42:40.24 ID:HCLBN9IK0


変態王子と笑わない猫の方が面白い


175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 12:43:18.93 ID:GwPIQK9n0


とりあえず面倒くさそうなのはわかった


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 12:46:30.82 ID:9j4/3sUa0


村上春樹を文学論的差異から影響を説明するのは難しい、
カズオ・イシグロも村上春樹をエキサイティングで重要な作家だとしつつも
説明するのは難しい、混乱のさなかにあるとしているが、
これはまだ発展段階のナラトロジーを用いて説明する必要に迫られる
影響としては文体のエクリチュール性、スタイル性といったものが共通して
見られるけども、empathyといった認知・心理学的観点
からの作風の影響といったところまで指摘するとなるとかなり困難を要する。


182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 12:48:23.53 ID:9j4/3sUa0


村上春樹はいわば物語の構造、主題を刷新しとるわけだ
これで学者らも研究しておると

素人にわかるわけがない


186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 12:53:16.23 ID:ZuA2S2yv0


>>182
分かるわけないとかの前に
村上の中身はこっちだと思う
そんな感じのこと前言ってたし


185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 12:50:59.16 ID:gQq+H6m80


村上春樹や彼の作品には特に何とも思わないけど、
新刊発売や講演ごときで連日ニュースにすることか?って思う
その作品自体はまだなんの評価も賞も受けてないのに


189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 13:02:21.58 ID:Ukc/MoiHi


>>185
まさにこれ


190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 13:04:38.66 ID:9j4/3sUa0


報道が行き過ぎだと思うならテレビ局に言え
小説とはなんの関係もない


194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 13:17:55.34 ID:9htqqau20


ただの私小説っぽいのがあれだ
あといちいち性関連を盛り込むな


198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 13:29:05.33 ID:OO90ui0sO


春樹のファンやってる女は小説に股のゆるい女がやたら出てくるのをどう思ってるんだろ
春樹の小説が好きで男の俺でさえ鼻につくのに


199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 13:32:05.65 ID:ZuA2S2yv0


>>198
登場人物は人間じゃなくて
村上人だからおk


202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 14:47:31.32 ID:OqYxWrtv0


http://www.amazon.co.jp/review/R9F23X7FKJEE2/

これワロタwwww


1Q84色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年




tweet Like hatena google+



おすすめの記事 FC2Blog Ranking  2chまとめ ブログランキングへ  にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ

[タグ] 小説
[ 2013/05/13 19:03 ] 小説・創作 | コメント(3)
最新記事


[ 3027 ]
俺みたいにドヤ顔する相手も居ないぼっち読者もいるよ

村上の本は一杯小説読んだらやっと 良さ みたいなもんが分かると思う
たくさん小説読んで村上読んでみると もう村上以外の文章が幼稚にしか見えなくなるくらい
文章が巧い いやマジで

あと小説普段読まない人には全くオススメできない
なぜなら 彼らはストーリーを求めているから
村上の小説にストーリー(感動的なもんとかどんでん返しとか)は皆無でっせ
[ 2013/05/15 01:59 ] [ 編集 ]
[ 3029 ]
神戸の同じ阪神間で育っているから作風の背景がわかる。
[ 2013/05/15 12:39 ] [ 編集 ]
[ 3030 ]
俺は村上作品には興味ないんだけど
おそらく「1Q84」の影響で
ジョージ・オーウェルの「1984年」が再販されたのはすごくうれしかった
ディストピア小説の定番みたいに言われてるのに、ずっと絶版だったもんな
[ 2013/05/15 13:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ


おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。