古代中国人って世界でもトップの文明もってたのに - ウラネタ!


ウラネタ!トップページへ 
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

古代中国人って世界でもトップの文明もってたのに

引用元:古代中国人って世界でもトップの文明もってたのに
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1376488638/


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 22:57:18.98 ID:PDQrmpEn0


何で今はこんな屑な国に落ちぶれたの?
日本が米うめぇwwwwwwっていってるときあいつら既に都市つくって戦争してたやろ


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 22:58:42.05 ID:aiTnq4hS0


それでも最強国に戻りつつあるけど、トルコとイラン、、


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 22:59:04.98 ID:85CkLciF0


古代から文明があるとこなんてそんなもの
むしろ頑張ってる方じゃないか?




tweet Like hatena google+



おすすめの記事

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:00:15.81 ID:A1/z94vBO


帝政しか無かったからだな


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:00:17.12 ID:Wxc+yMJP0


そんなふうに考えていた時期が俺にもありました・・・
世界のお金が中国に集まるなんてなあ・・・


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:00:25.84 ID:MpPTmVJg0


歴史学者に言わせるとあの国は70~100年単位でリセットを繰り返してるそうな
文化なり職人なんかもそれなりにあったのに共産化がトドメででほとんど失われてしまった


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:22:05.73 ID:6GjZakUm0


>>8
どこの歴史学者だよ
正史をもとにした19世紀的な停滞史観を覆して
変化を見出だすのが東洋史学の基本だと思ったが違うのか?


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:23:42.28 ID:No3qgxR50


>>56
うちの東洋史のセンセも同じこと言ってたが…
そりゃ重要な転機はいくつもあったけど基本は>>8だろ


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:29:21.83 ID:6GjZakUm0


>>61
こういうことを言う奴ってざっくり物事を見すぎてるんだよな
経済や文化や政治をごっちゃにして見て印象で語ってるというか


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:00:37.83 ID://3iBADj0


偉大な思想家たちが名言格言沢山残してるよね


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:00:41.37 ID:X2cbljaJI


現代には合わない性格なんだろ


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:00:45.25 ID:dHYz9WyY0


国土がデカ過ぎてヨーロッパみたいにどんどん技術が発展しなかったんだと思う
後は国内でも頻繁にどんぱちしてたしな


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:01:44.52 ID:aiTnq4hS0


>>11
技術はヨーロッパ以上に誕生してたんだよな
でも発展させなかった


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:02:06.48 ID:JCSCyi9S0


歴史を作り上げてきた正式な漢民族じゃないから
今いるやつらは放牧して生計を立てていた漢民族だろ

どうせなら金とか清を作った民族に領土を譲れば中国はよくなると思うぞ


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:02:19.94 ID:FrYEBU37I


100年前くらいから大分落ちぶれてたよ


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:02:51.74 ID:OuMtBD120


アヘン戦争の時点で終わってただろ


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:02:56.59 ID:JCRm9N6g0


文化大革命

よいこの文化大革命―紅小兵の世界


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:03:44.82 ID:pFo3we1/0


今まさにトップに食い込んでるだろ

あれだけの国土維持できれば文明が開くのは必然


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:04:48.74 ID:CfDrYuQ6P


ローマのほうがカッコいいからに決まってんだだろ


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:07:29.17 ID:JCSCyi9S0


>>20
お風呂があった西欧最後の国だよなwww
それ以降はゲルマン民族の南下によってお風呂の文化は消え去り、
貴族が娯楽としてシャワーを浴びるようになったんだろ


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:08:28.13 ID:LbIMn0yL0


>>24
風呂は中世ヨーロッパでも普通にある


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:10:00.52 ID:JCSCyi9S0


>>25
つかることはなかったんじゃなかったか?
当時の美人だって髪の毛に虫が湧いていたり、臭いを香水で誤魔化してたりしたんだろ


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:13:19.85 ID:LbIMn0yL0


>>28
いや普通にデカい風呂桶というか浴槽みたいなのがある
ちなみに香水なんて優雅なものは基本的に中世にはない


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:17:15.21 ID:JCSCyi9S0


>>33
それこそ貴族だろ
違うのか?


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:21:41.25 ID:LbIMn0yL0


>>46
風呂屋があって庶民が使ってたよ
貴族は自前で入浴してただろうな


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:24:26.35 ID:JCSCyi9S0


>>54
え?そうなの?
ローマ以降消えたって思ってた
つか、どこかでそう聞いた覚えがある


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:34:18.88 ID:JCSCyi9S0


>>54
病気の温床になるからって風呂は避けてきたみたいだぜ
厳格なキリスト教徒とかは完全に忌避してたみたいだ

庶民の話まではなかったからわからないものの教会が風呂をほぼ禁止してなかったか?


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:39:31.65 ID:LbIMn0yL0


>>88
だから黒死病の温床になるって言われてたからだろ?
黒死病が流行したのは14世紀からで中世の末、つまり中世の大部分ではそんなことは言われてなかった
教会が禁止したのは庶民が使ってる風呂屋が混浴でカトリックからすれば好ましいものではなかったり売春してるやつらいたから
実際になかなかやめさられないから度々禁止令を出す必要がある


22 :&&& ◆PzwnsB4KOxhR 2013/08/14(水) 23:06:54.06 ID:akwsuQlb0


文革により毛沢国になったので


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:07:08.35 ID:pCUcG4T/0


大偉人毛沢東のおかげ

毛沢東の大飢饉  史上最も悲惨で破壊的な人災 1958-1962


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:09:11.84 ID:YYThPuPLO


中華文明と近代西洋文明は全く別物だから
というか当の西洋ですら革命を起こして手に入れなきゃならなかったのに況や東アジアをや
むしろたまたま革命の機運が高まっててうまく乗っかった日本が奇跡


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:12:00.15 ID:JCSCyi9S0


>>27
うまく乗っかったというかそれを決断した先見のある連中がいたんだろ
まあ、そういうやつらは終わったあとにほとんど消されてるよな
あのあたりからじゃないか?
日本が戦争を起こすきっかけが出来始めたのは


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:14:06.07 ID:No3qgxR50


>>30
近代史において一度として日本が積極的に戦争を起こしたことなどないぞ


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:14:47.89 ID:aiTnq4hS0


>>35
全部積極的に起こしてるけど違う世界の話か?


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:16:23.81 ID:No3qgxR50


>>37
ああ
世界は無限にあるからな


29 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】(1+0:15) 2013/08/14(水) 23:11:13.75 ID:kvXzzkMF0


隋あたりまでは良かったのにwwwww


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:12:02.69 ID:H41bYyBu0


19世紀には

1)主権国(文明国)         -ヨーロッパ、アメリカ
2)半主権国(野蛮国)        -日本、中国、トルコ、ペルシャ、シャム
3)主権を持たない地域(未開地域)-その他の国々

といった明確な線引きがあって、その元になってるのは中華思想に基づく華夷思想がある
つまり中国がこの世の中心、その近くから順に文明レベルが落ちていき最後は柵封、朝貢
日本は完全には受け入れないまでも認めてはいた
そこで日本やベトナムも同じことをしようと琉球やアイヌを相手に華夷思想を押し付けていた

しかし、ヨーロッパにして見りゃそんなことは関係ない、あくまでも法律、論理で支配する
野蛮国や未開の土人を温情で統治してやるのはあくまでも神からの御意思、命令でしか無い


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:13:28.43 ID:JW2Qc17UP


負けたほう完全に根切りして破壊しつくしちゃう民族だからじゃない


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:14:34.43 ID:bhIIsTse0


昔は日本も遣隋使や遣唐使で中国の文明吸収してたのにな


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:15:13.75 ID:ZXipkkju0


イラク
エジプト
イタリア
ギリシャ
中国

あれ?まだマシな方かも


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:15:18.68 ID:bA/87ZOP0


自意識が高すぎた

したたかな国と包容力の高い国が最後に勝つ


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:15:42.56 ID:xdnTIb0J0


大分盛り返してきたよね
やっぱ最終的には人口+国土=国力だわ


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:16:29.26 ID:hUSHzJda0


ある意味戦争で発展してきたしな


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:19:04.54 ID:JCSCyi9S0


>>43
戦争がなければ大きな技術革新なんてできないだろ
金が投入されないんだからな


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:32:10.70 ID:hUSHzJda0


>>51
「戦争が一番科学の発展に貢献する」っていう言葉を思い出した


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:16:35.31 ID:H41bYyBu0


ヨーロッパの思想を受け入れたアメリカなどが主権国、その域を理解できない中国や日本が野蛮国、アフリカその他は土人
主権をもたないから条約も結べない、あるいは制限されているから条約も不平等
治外法権を認めざるを得なかった

それがあの有名な「万国公法」

そして攘夷攘夷騒いでだ猿どもがようやく外人の言ってることに気づいてあわててヨーロッパから学習した日本
だから中国に先んじて主権国家の仲間入りした

歴史には理由がある


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:17:57.44 ID:aiTnq4hS0


>>44
井上勝生がそんな事を書いてたなあ
なかなか面白かった

開国と幕末改革 日本の歴史


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:25:37.29 ID:RnjasSerO


>>44
ヨーロッパの思想と実際の政治は違ってたけどな
所詮は資本家の養分となる為の行いでしかなかった


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:16:54.22 ID:U10IvA560


東洋の眠れる獅子は実は寝っぱなして欧州にばれたからな


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:17:33.78 ID:h3DX10DU0


自分とこしか興味なくて追い抜かれた
というか、自分とこを押さえこむのに必死


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:18:02.05 ID:LbIMn0yL0


ぶっちゃけ民族が優秀とか駄目とか全然関係なくて歴史的経緯として中国は近代化が立ち遅れて
日本なんかと比べりゃ今も一歩差があるってだけのことだよな


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:22:05.62 ID:pFo3we1/0


>>49
普通に歴史の流れ見てけば結論出るのに

昔と今の極端な対比して遺伝子の話に持ってくやつが多いからな


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:23:20.63 ID:JCSCyi9S0


>>49
西欧人が勝手に上から得意げに見下しているだけ
キリスト教とキリストの言っていたことは相反する気がする
キリスト教は今キリストが生きているとしたらユダヤ教となんら変わらないと思うだろう
歪んでんだよ
それを信じているから現実主義な頭の悪い(と思われている)連中を差別することしか出来ないんだよ

自分たちが歪だって認めることになるからな


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:27:10.80 ID:LbIMn0yL0


>>59
いやお前も中国が立ち遅れてる原因を漢民族の民族的資質のせいにしてるじゃん
百年前の白人様の考え方と何が違うのか


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:40:19.45 ID:JCSCyi9S0


>>72
なんかありそうな民族っていうのは往々にしてある
たとえば、ユダヤ人だ
あれって比率的に金持ちの人が多いらしいよな


つか、白人様は民族全体に民族的資質の押し付けをしていただろうが
俺は民族の中での優劣しか言ってないぞ

白人様云いは概ねあっていると思うが
今の中国を統治しているのは漢民族でも劣った部類のやつらだと思ってる


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:48:08.96 ID:LbIMn0yL0


>>101
そんなことを言えば白人様は黒人より圧倒的に金持ちや頭がいいやつが多いぞ
それは単に経済情勢と教育が違うからで民族的資質などではない
それに劣ったやつが優秀な人間を統治することなど不可能だ


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:19:43.25 ID:XXge+QoD0


どこかの時点で偉大な人材を潰した悪が蔓延った結果ではないかと思う


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:22:10.24 ID:H41bYyBu0


中国や日本は「王」や「皇帝」が人民や国土を支配する、それは王そのものの「物」だから
ヨーロッパは「王」といえど、「神」から預かった物で当然全ての人間に「自然権」があってその範囲内でしか規制できない、即ち

「立憲主義」

が芽生えていた

それが根本的な違い
これを理解できたかどうかが文明国かどうかの判断基準
だから日本はあわてて憲法を作った


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:22:31.15 ID:Ql/i2csk0


今のは中華民国じゃなくて中華人民共和国だからじゃよ


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:23:38.95 ID:oDk9flRi0


日本だって体裁繕ってるだけで中身は中世司法奴隷労働だったりするしな


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:23:43.09 ID:wnbv2/0s0


作る→壊す→作る→壊す→作る→壊す


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:24:07.56 ID:Tk0ytIp70


中華民国(現・台湾)が中国の政権取り続けて政治してればいまごろアメリカとガチで対抗できる優秀な国家にはなってたかもしれないけどな


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:24:44.56 ID:GVEnWjBy0


中国にとって世界の全てが中国の属国だからw
日本やアメリカやヨーロッパが発展する事は中国が発展するのと同じ事だからwww


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:30:57.70 ID:GZf3a0Eq0


>>67
清って最初はイギリスにも朝貢の形を取らせてイギリスもそれに付き合ってたんだよね
中華思想っての?あの意識はほんと日本には理解出来んわ


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:32:24.68 ID:aiTnq4hS0


>>81
日本も真似して半島や琉球相手にミニ中華ごっこしてきたやんか


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:36:10.64 ID:bA/87ZOP0


>>81
そのときは清のほうが立場が上だったからまだマシ
宋の時代はもっとひどい

自分より強い異民族相手に
「俺が主君でお前が臣下ね。臣下の面倒見るのが君主のつとめだから毎年物資やるよww」
とか意地はってみたり


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:41:58.69 ID:JCSCyi9S0


>>81
儒教勉強すればわかる
日本にも儒教的な部分はあるぞ


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:26:26.04 ID:dS1FIZQd0


毛○東とかいう禿げたおっさんのせい
権力と地位のために
自分より賢い奴を片っ端から処刑した
学生を利用して

(こんなこと日本でしか言えんわwww)


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:27:35.00 ID:j/qwYUg5O


元々支配者が代わったら前支配者に関わるものを排除するお国柄だし
それでもちょっとは良いものが残ってたんだけど、文革で自ら消し飛ばしましたとさ
つまり今の中華人民共和国は建国半世紀程度の新興国なんだよ


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:27:38.67 ID:GZf3a0Eq0


唐で終ってるから日本も894年に見限ったわけで


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:28:14.84 ID:H41bYyBu0


血で血を洗う闘争の中、平和を維持する手段として「自然権」「自然法」に基づく統治を見つけたヨーロッパ
そんな「大人」なクラブがヨーロッパの国々で条約の相手方となる資格を有する

日本他はそんな資格持ってない
だって憲法自体持ってないんだから
(しかし吉田茂は五カ条の御誓文があったじゃないか、とも言ってる)

野蛮人と条約を結んでも守られるかどうか分かった物じゃない、だから不平等条約
それは侵略ではない(当時の価値観では)
それが「万国公法」

そこに気付いたのは中国より日本の方が早かった
だからアジアで一歩抜きんでた
単にそれだけ
具体的には不平等条約の撤廃とか日英同盟など


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:31:42.73 ID:n8GR5GaD0


文明を発展させるには、食料生産が豊富でないといけない。食うや食わずでは文明の発展は無い。
森林を切り拓いて農地を作り、食料生産を増大させて、ついでに切った木で家とか城とか作る。
人が増えればそのスピードもどんどん加速していき、、ついにはは森林が無くなってしまう。
森林が持っている水を蓄える能力と、土を肥えさせる力が失われ、食料生産は激減する。
結果、いくら巨大な文明であっても、食料が尽きて崩壊してしまうのだ。
メソポタミアやエジプトも、森林を破壊しつくしたため滅んだと言われている。
過去、中国はその人口を養うため凄まじい面積の森林を破壊収奪した。
それが回復することは未来永劫ありそうにない。


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:32:01.83 ID:H41bYyBu0


なぜ維新が必要だったのか、なぜ憲法制定を行ったのか、なぜ帝国議会を開催したのか、
理由を考えれば分かる


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:32:45.41 ID:bYsCBhg40


あんだけデカくて我が強い国民性だと新王朝→粛清→対外戦争→調子に乗って退廃→農民反乱→新王朝・・・の繰り返しもうなずける
中国は粛清の時に敵を絶対許さんからその時に色んな物が失われる


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:34:38.86 ID:Yw+wzaNYP


最初からでかすぎたのが問題な気がする
外に目を向けずに内側ばっかで争ってる印象


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:38:37.64 ID:h3DX10DU0


>>89
ヨーロッパみたいな戦乱続きを避けるために作ったのが中夏(華)システム
漢民族を名乗る連中ですら華北と華南ではグレートジャーニー規模でルーツが違う


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:34:46.25 ID:h3DX10DU0


毛沢東以前に終わってた
皇帝しか自由に贅沢に出来ないから、国中で「良くなろう」って意識がない
隣人に騙されず、出し抜いてやろうって考える人間しかいない


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:38:01.46 ID:dzCFaBU10


積み重ねがないからだろ

権力者が変わるたびに前のを壊すから何も残らない
暴力だの残虐行為の手法ばかりが民間レベルで継承されるww


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:38:42.60 ID:GVEnWjBy0


力で侵略して、今日からここは俺らの土地だから貢げよwwwってことならまだ解るんだけど
力関係を見せ付けるまでもなく、相手は格下で無条件で貢ぐのが当前って思想はちょっと理解しがたい


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:40:57.39 ID:aiTnq4hS0


>>97
朝貢って基本中国側の持ち出しっていうか、貿易的には自分たちのが儲かるシステムだぞ


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:48:04.61 ID:GZf3a0Eq0


>>103
与えるにせよ貢がせるにせよ貿易において
自分が絶対に上の立場であるという形を崩さないという発想は日本には無いって話でしょ
日本人にとって貿易はお互いが欲しいものを分け合う等価交換の延長だよ


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:49:20.59 ID:aiTnq4hS0


>>120
国力的に飛び抜けてたんだから当たり前だろ
んで対して国力ないのに真似してみたり、やっぱりやめたりどっちつかずの国もある


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:39:25.22 ID:hUSHzJda0


中華思想凄いよな
人間は皇帝だけとか


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:41:58.21 ID:H41bYyBu0


中華思想のような一国独裁、地域の盟主が世を治めるって時代から、ある「理念」の下「条約」に基づいて協定を結ぶ、
これは時代の流れであります
そしてその流れには逆の流れの中心にいた「中国」が一番付いていけなかったのも当然です
そんな思想の外様大名の日本がすたこらさっさと切り替えられたのは当たり前なのです


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:43:09.44 ID:qFxBPibM0


日本の卑弥呼の時代ですでに三国志の後半だからなあ


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:44:37.12 ID:hUSHzJda0


日本人が六世紀前後まで文字を持たなかったのは、魔術(神道系な)を信じてたからって聞いたことがあるわ
文字持つと魔術に効果がなくなるそうで


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:45:28.68 ID:H41bYyBu0


>>110
マークとしては「漢字」を使ってたんだけどな


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:45:35.82 ID:GVEnWjBy0


卑弥呼って名前の付け方からして相手国を敬う気持ちが無いのが解る


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:46:08.07 ID:aiTnq4hS0


>>112
すめらみことはいい漢字当ててたやん


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:47:07.08 ID:bA/87ZOP0


>>112
当時の名前の漢字に意味はないぞ
ヒミコっていう音に意味がある


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:48:24.11 ID:qFxBPibM0


>>117
中国から見て辺境の民族は侮蔑語を当て字に使ってたわけだが


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:52:16.74 ID:GZf3a0Eq0


>>124
なのに欧米列強は褒め称えるような良い文字ばっか当ててるよね
英国、美国、法国、徳国・・・

あれってアヘン戦争でボコられた後に表記を変えたのかな?
その前からあの表記だったのかな?
大陸国で古代から行き来あったしあんま良い文字当ててたとは考え難いんだが


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:56:56.51 ID:qFxBPibM0


>>131
中国が一番すごい時代は終わってた
すでに圧倒的な国力の差が見えてただろ


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:46:05.09 ID:yrbbu2hf0


下手に交通の便がよすぎて文明が均一化したせいで逆に進歩しなくなったとかなんとか


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:46:56.70 ID:rKD//iZ/0


プライドの高い民族よりプライド捨ててこびた民族の方が強いってことだ。
鎖国中の日本が中国に勝てるなんて夢にも思わない。


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:47:23.65 ID:H41bYyBu0


>>116
ま、そういうことだ


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:52:24.55 ID:h3DX10DU0


>>116
秀吉の朝鮮出兵は最初から中国相手の戦争だぜ
日本「スペイン人は侵略者だ、アジアで協力しよう、さしあたって硝石貿易しよう」
→まず跪いて貢げ→戦争

鎖国っていってもプライドが高いわけじゃない
ヨーロッパ人の侵略が経済侵略から始める事を知ってたから、政府が貿易管理した


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:57:13.51 ID:PD7GXc1Y0


>>132
良い言葉だな
鎖国は政府による貿易管理

鎖国って勘違いされやすい言葉だからね


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:59:05.19 ID:GZf3a0Eq0


>>143
そりゃ幕府の海禁政策を批判するために幕末に作られた言葉だからな
印象が悪いのは当たり前だ

当時の欧州の侵略手段を考えれば海禁も禁教も正しかったと思うよ


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:05:41.94 ID:GbveHVpo0


>>146
俺もそう思う

当時のアジアは
タイと日本以外全部、欧米列強の植民地だったし

タイは運良く上手い具合に緩衝地帯なれたけど
対策しなかったら日本もどうなってたか


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:12:11.66 ID:YJewh5k80


>>157
その状況になり始まる直前の話だけどな

スペインのアジア侵略を警戒したら
宗教戦争、新教国のイギリスがスペインを破る
あの時代の遠いヨーロッパに目を向け続けて、複数国と時勢に合った貿易外交するなんて難しいんだろうね


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:47:19.86 ID:QBEAu6zq0


ここ10年ばかりは日本より明らかに元気があって、
国際的な影響力も遥かに上なわけだが。
特にアフリカあたりの発展途上国への影響力はすげぇよ。


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:48:06.60 ID:/n+MxS+u0


>>118
どうせ自滅するんだろうな・・・って目で見てるけど、どうなることやら


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:48:14.35 ID:PD7GXc1Y0


中国の歴史

2千年間くらい最強の座に驕っていたら
産業革命して本気出したイギリスに責められたでござる

因みにイギリス側から見たら
「やべえよwww本気出さないとやべえよwww」
「アヘンでトラぶって中国と戦争無理げーだよwww」
「西のローマ、東の中国。眠れる獅子www」
実際は
「あれ!?あれえ!!!?!?!?」
「眠れる獅子起きなかったワロタwwww」


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:50:37.48 ID:aiTnq4hS0


>>123
それでも当時中国はイギリスの8倍のGDPが有ったと言われてる


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:54:14.95 ID:KEMnRnDl0


>>127
だからこその阿片戦争だと聞いた
英国が清国と普通に貿易しても赤字だったのでいちゃもん付けて不平等条約結んだんだっけ?


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:55:28.02 ID:bA/87ZOP0


>>136
特権商人が平気で10倍100倍の値段ふってたからな
そりゃ誰でも怒る


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:51:59.10 ID:H41bYyBu0


同じように戦前の日本についても当てはめることはできます

第一次世界大戦でさんざんな目にあったヨーロッパはその反省から「軍縮」条約
時代の流れは軍縮、取り決めとして「軍縮」
なのに被害の少なかった日本、他が経済不振も手伝って軍拡、領土拡張政策
時代の流れに逆らうことになります

中国が世界の流れに逆らったように日本も世界の流れに逆行していきます


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:53:14.07 ID:ZXipkkju0


そう考えると惜しい国を亡くしたもんだな

エジプトやギリシャも残念だ


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:53:57.63 ID:PeuIFLRz0


ピラミッドを作ったエジプトの駄目さかげんよりマシだろ


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:55:04.65 ID:aiTnq4hS0


>>135
数千年間も観光業を潤して最高の投資やないですか


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:57:48.45 ID:sBjyVjlNP


落ちぶれてるか?
むしろこれから最盛期じゃねーの?
メッチャ登り坂じゃん今


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:00:25.68 ID:lZq+yw+20


>>144
人間は落ちぶれてるだろ
それに上ってるように見える下り坂ミステリー坂だろwww


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:04:03.55 ID:YJewh5k80


>>144
ピーク過ぎたよ
あらゆる数字が嘘で、貿易収支も4倍に嵩増ししてたとか
年齢別人口ピラミッドもアンバランス


158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:05:42.02 ID:SznL2SYa0


>>144
中国が落ちぶれてるか上り調子かって判断が微妙だな~
経済と軍事に関して膨張傾向なのは確かなんだが
経済は外資頼みの植民地型経済だし軍事は孤立を強めてるし
欧州や日本が謳歌した帝国主義時代の強国が伸びてた時のような
世界の支配者に向かう力強さを感じないんだよ


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/14(水) 23:58:45.26 ID:GVEnWjBy0


世界地図を見るだけならとんでもない化け物だよなw
ヨーロッパ全てが手を組んでようやく対等に並べるレベル


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:01:56.20 ID:y0rKGjkYi


最強国に戻りつつあるじゃねえか中国
一人当たりのGDPが日本並みになるのも最早時間の問題


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:01:56.51 ID:DxChXqOl0


必死に上り坂を登ろうとしてるんだけど
肥え太った身体が重くて登りきれない感じ


163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:08:03.15 ID:y0rKGjkYi


中国語喋れる身分からして割とどうでもいい訳でもない
向こうはまだ完全に法整備が出来てないし、5年以内には向こうで事業を立てる予定


166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:09:47.47 ID:jZ2Rl4EU0


>>163
儲け話教えてください


172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:12:58.11 ID:lZq+yw+20


>>163
遅いと思うよ
法整備がまだなのは確かだが人治の国では法が整備されても意味ないよwww


173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:13:57.99 ID:YJewh5k80


法執行機関が法を守らない国
人民がそれを当たり前と思う国


174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:15:55.49 ID:GbveHVpo0


>>173
当たり前とは思ってないだろ
言ったら逮捕されるだけの事で


175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:15:57.44 ID:SznL2SYa0


今更中国で商売始めようってよっぽどの物好きだよな
鈍った成長のパイを分け合うために排外に舵を切ってるぞ
日本人にはもう美味しい所なんて残ってねえって


177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:17:35.81 ID:qk3xH3oi0


もし儲けたいなら、北朝鮮が崩壊or前代未聞の経済開放政策を執った時にいち早く市場に乗り込めばいい


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:17:37.92 ID:TdPq08K+P


四大文明発祥地の現在
中国
パキスタン
イラク
エジプト

なんかデンジャラスな国多くない?


186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:25:09.56 ID:F+xuHqqk0


近代の中国がアレなのは
「超巨大な他民族国家であるから」ってのが一番大きいと思うけどな
一党に強大な権力を持たせての独裁政治を行わなければ
途端に内部からグズグズと崩壊して国そのものがまた新しい名前になってしまうような国


187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:25:50.74 ID:qk3xH3oi0


>>186
そもぞも多民族国家という形状自体不安定だよな


189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:31:08.43 ID:3zFcbLGv0


今まで散々東側が無双してきたんだから次は西側の時代だよ
アメリカが崩壊したら次は南米が世界の覇権を握るよ


191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:33:06.90 ID:jZ2Rl4EU0


>>189
西側の国と東側の国を例示してみて


196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:38:48.42 ID:EELr64MpO


弥生人も朝鮮からと言われてたが中国からと分かったことだしな
昔の中国は凄かった

けど胡座かいてたからだろうな
日本も胡座かいてると中韓に抜かされるかもなwww


197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:39:57.35 ID:bGuHm8pz0


親を持ち上げ過ぎたため
親は子より偉い
祖父は親より偉い
曽祖父は祖父より偉い

とまぁこんな感じで4000年かけて萎縮していった結果


結論:孔子はアホ


198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:43:19.52 ID:YJewh5k80


>>197
他人と協調する意識を弱めた影響も大きいと思う
「徳の高い人が全て指導するべき」という受け身意識も法を軽視する風潮に繋がったとか


200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:45:22.45 ID:jZ2Rl4EU0


>>198
なるほど古代ギリシアの哲人政治と通じるものがあるな


199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:45:18.82 ID:M8lt7oPx0


昔の中国:いろんなことを他国に教える側
今の中国:他国のいろんなものを無許可でパクる側


194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 00:35:13.88 ID:vZ/0kQfCO


それがチャイナクオリティ


それでも中国で儲けなければならない日本人へそうだったのか! 中国




tweet Like hatena google+



おすすめの記事 FC2Blog Ranking  2chまとめ ブログランキングへ  にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ

[タグ] 中国
[ 2013/08/16 03:03 ] 雑談・雑学 | コメント(0)
最新記事


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ


おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。