ウラネタ! - 2ちゃんねるで見つけた裏ネタ、裏情報


ウラネタ!トップページへ 
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

フランス「北朝鮮は核持つのやめろ!」北朝鮮「お前が核捨てたら考えてやるよw」

【9月10日 AFP】北朝鮮外務省欧州局のリ・トクソン(Ri Tok Son)副局長は8日、同国の核開発を欧州への脅威と非難したフランスに対し、北朝鮮の核兵器は「米国の核の脅威に対する抑止力」であり欧州への脅威とする発言はばかげている、核兵器がそんなに悪いものだというなら、まずは核の脅威に全くさらされていないフランスが核兵器を放棄せよと猛反論した。(c)AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00010004-afpbbnewsv-int

スポンサーサイト
[タグ] フランス 北朝鮮

安倍首相、プーチン大統領から短刀を贈られる。コレどういう意味なの…

 【ウラジオストク=恩地洋介】安倍晋三首相は7日、ロシアのプーチン大統領との首脳会談で、講道館柔道の創始者、嘉納治五郎が残した「精力善用」との書を贈った。鍛えた心身を社会のために有効に使うとの意味がある。嘉納治五郎を敬愛する柔道家のプーチン氏は「すてきなプレゼントだ」と謝意を述べた。プーチン氏は首相に名刀「村正」の短刀と、ティーカップを贈った。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS07H7G_X00C17A9PP8000/

[タグ] ロシア

プーチン「感情的になって制裁で北朝鮮を追い詰めてはならない」

ロシアのプーチン大統領は、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と極東のウラジオストクで首脳会談を行い、6回目の核実験を行った北朝鮮への対応について「感情的になって北朝鮮を追い詰めてはならない」と述べ、制裁などの圧力ではなく対話による解決を目指すべきだと改めて主張しました。
ロシアのプーチン大統領は、極東のウラジオストクで6日から始まった国際経済フォーラムに合わせて韓国のムン・ジェイン大統領と首脳会談を行いました。

この中で、弾道ミサイルの発射を繰り返し、今月3日には6回目の核実験を行った北朝鮮への対応について協議しました。

会談後、記者発表を行ったプーチン大統領は、北朝鮮を非難する一方で「制裁と圧力だけで問題を解決することは難しい。感情的になって北朝鮮を追い詰めてはならない」と述べ、制裁などの圧力ではなく対話によって核問題の解決を目指すべきだと主張しました。

そのうえで、ロシアと韓国が連携して北朝鮮に対して電気やガスなどを供給する構想があることを明らかにしました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170906/k10011129231000.html

[タグ未指定]

トランプ「韓国は物乞いのようだ」

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領をめぐり、先日行われた日米電話首脳会談で、アメリカのトランプ大統領が厳しい言葉で不満をあらわにしている様子が、FNNの取材で明らかになった。
北朝鮮の中距離弾道ミサイルが日本の上空を通過した8月29日の日米電話会談で、トランプ大統領は、北朝鮮との対話にこだわる韓国について、「物乞いのようだ」と痛烈に批判した。
そのうえでトランプ大統領は、軍事的圧力の必要性について、「誰かが伝えなければならない」と語り、安倍首相は、いわば、その意を受けた形で日韓電話会談に臨み、その後に再び日米電話会談が行われている。
1日に2度と立て続けに行われた日米会談の裏に、軍事的圧力に及び腰の韓国と、それにいら立つアメリカの2国の間を、日本が取りもっていた内幕が垣間見える。
一方、9月3日、核実験のあとに行われた日米電話会談では、トランプ大統領が「自分は100%晋三とともにある」とした一方で、「もし、アメリカが攻撃されたら、日本は、われわれを助けなければいけない」と相互の同盟関係を求め、これに対し安倍首相が、「100%アメリカとともにある」と応じる一幕もあった。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00369694.html

[タグ] 韓国 北朝鮮

北朝鮮の核実験に被爆者団体がコメント「北朝鮮から敵と見なされている。アメリカに右ならえで良いのか」

日本被団協=日本原水爆被害者団体協議会の箕牧智之代表理事は北朝鮮が6回目の核実験を行ったことについて「アメリカと北朝鮮の言葉による応酬が続いてきたが、実際に行動を起こされると恐怖を感じます。このあたりで幕を引かなければ、さらにエスカレートして核兵器が使われる事態にもなりかねません」と話しました。
そのうえで「広島や長崎の悲劇を再び繰り返してはいけないというのが被爆者の願いです。核兵器が使われるような事態だけは避けて頂きたい」と訴えました。

また日本政府に対しては「アメリカの核の傘のもとにあることで、北朝鮮にとっては敵とみなされており、アメリカに右にならえの態度でよいのかどうか、被爆者として疑問に思います。北朝鮮に対する制裁を今後も強めていったとしても効果があるのかわからず、話し合いで解決していくための政府や国会議員の責任は一段と重いと思います」と指摘し、唯一の戦争被爆国として日本が国際社会で核兵器廃絶に向けた責任を果たすよう求めていく考えを示しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170903/k10011125081000.html

[タグ未指定]
カテゴリ


おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。